創造.想像力の不良中老人−頼れる街の行政書士

アクセスカウンタ

zoom RSS さあ始まります。何方もお読みあれ。

  作成日時 : 2005/10/11 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

徒然れなるままに、信念の利他行に捧げるべく森羅万象に挑戦ブログ
なるものに挑戦。挑戦のみならず足元を脅かすモンスター(孫のコーチャン)
アタックからは防戦しつつのキー叩き。

今日のお題は、「成年後見制度の一考察」

後見制度が利用し難いとは、良く言われる事。ほとんどの行政制度は
利用者側から働きかけない限り、機能しないことにあります。
その最たるものは年金でしょう。
成年後見制度の場合も利用者は自己の問題点を良く整理し、ニーズ
及び利用する意思を明確にして臨まねばなりません。しかし要介護、
要支援者が主体的に情報を得ることは困難であり、むしろ情報から
閉ざされた状況にあるのが実態です。
こうした状況の改善のため、後見制度を熟知し、利用者との橋渡しと
制度の普及に行政書士は努めています。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
行政
行政行政(ぎょうせい)とは、形式的意義においては、行政府(日本では内閣など)に委ねられた国家機能のことをいう。これに対し、積極的に実質的な定義づけを行うのは困難であるとされており、公法学上は、国家の権能のうち立法と司法を除いた残余の権能を指すとする見解(控除説)が支配的である。このような控除説による... ...続きを見る
行政のしくみ
2005/10/11 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さあ始まります。何方もお読みあれ。 創造.想像力の不良中老人−頼れる街の行政書士/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる